MENU

あごニキビができて困る

学校イメージ

中学生や高校生になるとニキビが顔にたくさん現れるようになる人が増えてきますが、発症の状態については人によって違っているので一概には言えないところがあるものの、急に増えてくるニキビに対して抵抗感を覚える人もたくさんいます。
また、この時期は多感な時期ということもあって人が思う以上に気持ちの面で負担がかかってしまっていることもありますが、適切に処置をすることによって症状を軽減することができる場合もあるのでショックを受けてばかりでいるのではなくきちんとした対処をしましょう。

 

この症状はアクネ菌という細菌が原因になることによって炎症を起こすと言われていますが、中学生頃になると体が大人になる過程でホルモンバランスが崩れて皮脂の分泌を促すことになり、皮脂を好んでアクネ菌が繁殖することによって炎症を促すというものです。
また、顔だけでなくあごにニキビの症状が出てくることもありますが、この部分も顔ほどではないものの、代謝が活発な部分になるので炎症を促して症状が悪化しやすいなどのデメリットもあります。
あごのニキビケアもしっかりしないと状態を悪化させてしまう可能性があるので注意が必要ですが、専用のケア商品はドラッグストアでも購入することが可能になっており、通販サイトを利用することによっても買うことができます。
それぞれのケア商品によって含有されている成分が異なっているので注意する必要がありますが、成分によってニキビに対する機序などは違っているのが普通です。
ただし含有されている成分によっては肌の状態と合わないことによってトラブルが起こるケースもあるので使用においては少しでも違和感を覚える場合は使用をやめて進行するような場合は皮膚科で診てもらうようにしましょう。
また、ニキビは生活習慣にも影響されやすい部分になっており、特に食事やストレス、睡眠などは直接的にかかわってくる部分になってくるので生活習慣を見直すこともポイントになります。

そもそも、あごニキビって

思春期頃と大人になってから現れる症状にニキビの症状がありますが、この症状はホルモンバランスの乱れや食生活の乱れなどが原因となって起こる症状として知られており炎症を起こすことによって赤っぽい発疹ができます。

ニキビイメージ


また、炎症を起こしている部分を見ると先端に皮脂や膿などに伴う白っぽいものがついていることもあり、気になる人は潰して中身を出している人もいます。
症状が軽度な場合は自然に治癒することも多いのですが、症状が重度な場合は放置しても治らないので病院に通って治療を受けることや専用のクリームなどを購入して患部に塗布するのが一般的になっています。
また、ニキビが出る箇所と言えば顔が一般的となっていますが、それ以外にもあごに出てくることがあり、このあごに出るニキビをあごニキビと呼んでおり年齢に関係なく発症する症状として知られています。
あごニキビも基本的には顔に出るニキビと同じように対策をするのが一般的となっていますが、どのような理由でニキビの症状が現れているのかということもあらかじめ調べておく必要があります。

 

食生活だけでなくホルモンバランスが乱れることによっても症状が現れることもありますが、根本的な要因を取り除かないことには専用のクリームを使用して改善しても効果は一過性になってしまう可能性があります。
また、間違ったケアをするとかえってニキビの症状を悪化させてしまうような場合もあるので十分に注意して対策する必要があります。

あごニキビと顔ニキビの違い

子供から大人に向かう成長期の過程は体も子供から大人になるに伴ってホルモン分泌も活発になっているのが一般的となっていますが、過剰な分泌によって皮脂などが過剰に出てしまうケースがあり、これによってニキビの症状が出てくることもあります。

悩みイメージ

一般的には顔に現れる症状として認識されていますが、顔に出てくるのは顔の代謝が良いことで皮脂が分泌されやすいことが理由になっていて人の目に触れやすい部分でもあるため気になる人はたくさんいます。

 

また、顔だけでなくあごニキビに悩まされている人も少なくありませんが、顔とあごは比較的近い場所になっているもののそれぞれのニキビの出方には違いがあるので注意が必要です。

特にあごというのはリンパが近い部分になっているのでリンパの働きに影響されている可能性もありますが、この場合は通常のニキビケア対策をしても十分に効果を得ることができなくなっているので注意する必要があります。
あごニキビがどのような原因で生じているのかという要因を知ることによって対策をすることも可能になるのですが、放っておくと悪化してしまうようなケースもあるので早いうちから対策を考えてケアをする必要があります。
また、あごニキビに対して効果があるケア対策をする場合は悪化してしまう可能性もあるので注意しなければなりませんが、単に敏感肌で肌荒れしているような状態の時もあるので要因にあった対策をきちんとしなければなりません。

あごニキビと吹き出物の違い

小学校から中学生に上がると子供の体から次第に大人の体に変化を起こすようになりますが、大人の体になる過程では男性だと男性ホルモンの働きが強いことによって男らしいたくましい体が作られて女性は女性ホルモンの働きによって女性らしい丸みを帯びた体になるのが一般的です。
このように思春期頃になると大人に近い体型を示すようになるのですが、体の急激な変化に就いていくことができずにあごニキビが生じてしまうこともあり、しばらく治らないケースもあります

 

洗顔イメージ

 

この頃に生じているのはあごニキビと呼ばれるのですが、大人になって生じる場合は吹き出物と呼ばれるため、あごニキビとはちがうような印象を持ってしまう人もいるかもしれませんが、根本的にはニキビも吹き出物も一緒です。
あごニキビや吹き出物ができた場合は体に何らかの不調が出ている可能性もあるのできちんとした対策をしなければなりませんが、ニキビケア対策の基本は清潔感を重視することになるのできれいな環境を保つということも意識しなければなりません。
また、食生活やストレスなどにも関係しやすい部分になっているのでケアを考える場合は生活習慣を改善することもポイントになりますが、生活習慣を管理することはニキビに限らず他の病気リスクを考える場合も大切です。
いろいろなケア商品が販売されているのでこれらを上手に使用することによって皮膚に現れてしまっているニキビや吹き出物の症状を改善することができる場合もあります。

あごニキビができる年齢

あごニキビと言えば思春期頃に多く出る症状であるというイメージが有りますが、実際のところは大人になってからも多く発症すると言われていて、大人になった場合はあごニキビという名称が使用されずに吹き出物という言葉が使用されることも多いのですが、意味としてはそれぞれ同じです。

あごニキビイメージ

 

あごニキビが学生の頃に出る理由になるのはホルモンバランスの乱れですが、急激な体の変化に上手に体が順応しないことによって皮脂が過剰分泌されてしまってニキビの生成を促すというものですが、放っておいても改善するわけではないので意識的にケアをする必要があります。

 

最近の子供が発育が良いので小学生頃から既にあごニキビの症状に悩まされている人もいますが、あごは首に近い部分であるため頬杖をつくことやリンパの流れによっても症状が出てくる可能性もあるので一概にホルモンバランスの乱れとして扱うことはできません。
また、大人になってからあごニキビが出てくる場合はホルモンが原因になるよりも生活習慣が原因になりやすくなっており、特にニキビを生成する上で非常に重要と言われている皮脂の分泌は食生活と深いかかわりがあるので自分自身があごニキビの原因を作っていることもあります。
大人になってから症状が現れる場合は思春期頃に比べると数がたくさん出ると言うことは少ないのですが、一度で始めるとしつこく続くこともあるので早めにケアをしてあごニキビ対策をすることが肝要になります。

あごニキビと脂性肌

脂性肌というのは皮膚に皮脂が多く分泌されることによって脂っぽくなっている皮膚の状態ですが、特に女性よりも男性の方がこのタイプの肌質の人が多いと言われており皮脂がたくさん出てくるため空気が触れて酸化して独特の体臭を作り出すことがあります。
そのため、脂性肌の人は日頃から脂を取り除くためにさまざまなケア商品を使用している人が多いのですが、極端に脂を洗い流すタイプの洗顔などを使用すると保湿に必要な脂質もきれいに洗い流してしまうので注意しなければなりません。
あごニキビが見られる人も脂性肌の人が多くなっていますが、放っておいても症状が改善されるわけではないので日頃からきちんと肌ケアをすることが肝要になり、間違った対策をするとかえって症状を悪化させてしまう可能性があります。
また、脂性肌になっている原因を考えた場合に皮脂が多く分泌されることが関係しているわけですが、皮脂は食事によって得ている脂質などが変化したものであることを考えると脂質の多い食事を減らすことは結果として皮脂の分泌を抑えてあごニキビの予防にも繋がってきます。
ニキビケアの方法にはいろいろあるので予算や効果、含有されている成分などから柔軟に選んで対策を考える必要がありますが、しっかり汚れを落とすことが前提としてポイントです。
あごニキビにも関係しているものの、必ずしもあごニキビの原因が脂性肌というわけではないので自分の肌の状態を知ることが大切です。

あごニキビと乾燥肌

あごニキビに悩んでいる人の中には何らかの肌トラブルを抱えているケースが多いのですが、ニキビの症状が見られる場合に多くあるトラブルとしては男性に多いと言われている脂性肌で、これは皮脂が多く分泌されることによってニキビの原因細菌が繁殖して炎症を促すというものです。
したがって、あごニキビを改善しようと考える場合は自分の肌質をきちんと把握した上で対応する必要がありますが、全てのケースに脂性肌の対策が効果のあるあごニキビのケア対策とは限らないので注意する必要があります。
特に乾燥肌の人は要注意で、脂性肌の人が使用するスキンケア対策を使用するとさらなる乾燥をもたらすことになるため、より乾燥肌が進んでしまって敏感肌などになって肌トラブルの原因を作ってしまう可能性もあるので注意が必要です。
肌トラブルはさまざまな原因で引き起こされると言われていますが脂性肌の人は男性が多いのに対して乾燥肌は女性が多いと言われており、間違ったスキンケアをしていることや化粧などが乾燥を促す原因だと言われています。
あごニキビの場合は化粧をする場所とは少々外れているのですが、細かくチェックしてケアをしないと症状が改善しない可能性があるので注意しなければなりません。
乾燥肌の症状が放っておくと悪化してしまう可能性があるので日頃から保湿クリームなどを使用してきちんと保湿を促すことを覚えておくことと、化粧水などを使用してケアを促すようにしましょう。